【メンタルヘルス・マネジメント検定】資格案内

メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、何でしょう?
耳にした事がない人の方が多いかもしれません。

 

2006年に大阪商工会議所の主催により始まった、
メンタルヘルスに関する検定試験で、
受験者の社内での担当部門等にあわせ
I種・II種・III種の3つのコースがあります。

 

現代社会で問題化しているストレス、
労働上のあらゆる悩みや問題から引き起こされる、
社員の"心の悩み"に対処し予防する為に、
メンタルヘルスに関する正しい知識を学び、
"心の健康管理"に会社及び
社会全体で取り組んでいくための検定です。


メンタルヘルス・マネジメントの必要性

現代を高度成長期時代の日本と比べると、経済状況・社会の仕組み・
人々の習慣・日本人の思考など等、全ての事が大きく変化しています。

 

しかし、習慣や思考・社会の仕組みは変化したとはいえ、
社内での日本人の行動はほとんど変わってはいないかもしれません。
小さい頃から団体行動の規律を第一に教えられてきたため、
他の人と違う意見や行動は疎外される傾向があったり、
個人が目立ったり異を唱えたり出来ない環境は、以前とほとんど
変わっておらず、これは日本の会社特有の現象だと言っても過言ではありません。
ですが、日本の企業で働いている上では、これらの問題から逃れる事も不可能です。

 

そして、ご自分の周りを見渡してみると、
ストレスを引き起こすあらゆる問題が潜んでいると思います。
ノルマを強制する高圧的な上司…
能力をあまり発揮できない部下に対して、パワーハラスメントを行使する上司…

 

その結果、仕事上や社内環境・対人関係に対する強い不安や悩み・
ストレスは増加し、心の不調による休職や退職も増加するというわけです。
さらに、最悪の結果として、近年の社会問題にもなっている
自殺に繋がる可能性も大きくなるという事です。
その上、経済成長の鈍化・不況下での閉塞感などが加わると、
その傾向が増加するのは必至です。

 

また、女性の社会進出が進み、以前に比べると活躍の場は格段に
増えたとはいえ、全ての職場での仕事環境が向上しているとは断言できません。
女性にとっては、まだまだ改善すべき仕事環境を持つ職場の方が多く、
それなりに悩みを抱えている女性も多く存在するというわけです。

 

このようにストレスを抱えた働く人が年々増加していると考えられる環境で、
メンタルヘルス・マネジメント検定は会社や社会で求められているのは間違いなく、
益々ニーズが高まっていく資格だということです。

検定コース別の概要

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、
対象別に3つのコースを設定しており、その求められる能力は下記のようになっています。

 

    メンタルヘルス・マネジメント検定III種(セルフケアコース)

  • 自らのストレスの状況・状態を把握することにより、

    不調に早期に気付き、自らケアを行い
    必要であれば助けを求めることができる。

 

    メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)

  • 部下が不調に陥らないように普段から配慮するとともに、

    部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に
    則った対応を行うことができる

 

    メンタルヘルス・マネジメント検定I種(マスターコース)

  • 自社の人事戦略・方針を踏まえたうえでメンタルヘルス計画、

    産業保健スタッフや他の専門機関との連携、
    社員への教育・研修等に関する企画・立案・実施ができる

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の概要

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の概要は、下記の通りになります。
3つのコースとも、受験資格として学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。

 

試験名メンタルヘルス・マネジメント検定III種

(セルフケアコース)

対象一般社員および新入社員
出題内容1.メンタルヘルスケアの意義

2.ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
3.セルフケアの重要性
4.ストレスへの気づき方
5.ストレスへの対処、軽減の方法

試験方法マークシート方式
試験時間2時間
配点100点
合格基準70点以上の得点

 

試験名メンタルヘルス・マネジメント検定U種

(ラインケアコース)

対象管理職・管理監督者
出題内容1.メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割

2.ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
3.職場環境等の評価および改善の方法
4.個々の労働者への配慮
5.労働者からの相談の方法
(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
6.社内外資源との連携と労働者のプライバシーへの配慮
7.心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

試験方法マークシート方式
試験時間2時間
配点100点
合格基準70点以上の得点

 

試験名メンタルヘルス・マネジメント検定T種

(マスターコース)

対象人事労務担当・管理者、経営幹部
出題内容1.企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性

2.メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
3.ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
4.人事労務管理スタッフに求められる能力
5.メンタルヘルスケアに関する方針と計画
6.産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
7.相談体制の確立
8.教育研修
9.職場環境等の改善

試験方法(1)マークシート方式

(2)論述式

試験時間(1)マークシート方式:2時間

(2)論述式:1時間

配点(1)マークシート方式:100点

(2)論述式:50点
※論述式は、実務を遂行するうえで必要な知識と
その応用力、総合的判断力などを問います。

合格基準(1)と(2)の得点の合計が105点以上

但し、論述式の得点が25点以上
※ I 種(マスターコース)については5年毎に更新が必要となります
(更新のための通信教育講座等の修了を要件とします)
※論述式試験の模範解答の発表はありません

 

ユーキャンの通信講座
メンタルヘルス・マネジメント